弁護士とは?


弁護士の仕事は多岐にわたっており、ホームページでそれらをわかりやすく伝えていく必要があります。本日は、弁護士業はどういうことをおこなっているか、解説いたします。

弁護士の仕事は多種多様

弁護士とは広く法律事務を行うことを職務としている者で、事件や紛争に関して法律の専門家として、適切な対処法や予防法、解決策のアドバイスを行います。

代表的な仕事としては、民事事件や家事事件の代理人などがあります。

貸し付けをしているお金の返済が行われないことや、商品を販売したにも関わらず代金の支払いが行われないことなどの、民事上の紛争や相続、財産の分配、離婚問題など様々なもめごとが生じたときに、紛争の当事者から依頼を受けることで、当事者に代行して調停や裁判を行うこと、紛争の相手方と交渉をすることで当事者の代わりに紛争を解決するための手続きを行います。

弁護士の職務

弁護士の職務には、破産事件の代理人や管財人もあります。個人や会社が借金をしていて返済ができないときには、個人や会社が抱えている債務を清算して生活や経営の再建を行うために手続きをします。弁護士は民事再生事件や破産事件について、個人や会社から依頼を受けることで裁判所に民事再生や破産の手続きのための申し立てをします。

破産事件については、弁護士は裁判所から選任されることで破産者の財産管理をして、財産を換金することで債権者への配当を行います。

弁護士は法律相談も受け付けている

弁護士は様々な世間一般の事件に関して法律相談を受けて、法的な立場から問題を解決するためにアドバイスをします。契約書の作成やその内容を確認するなどの法律事務について、幅広く対応しています。

刑事事件の弁護活動

弁護士は刑事事件の弁護人としての活動も行っており、逮捕や勾留された被疑者や被告人に接見して、刑事事件のしくみについての説明を行ったり、相談を受けます。被疑者や被告人に対して、反省を促すことで被害者への弁償や謝罪ができるような環境を整える作業を行い、被疑者や被告人への弁護活動をします。冤罪があるときには、被疑者や被告人の主張が立証できるように活動を行います。被疑者や被告人から依頼を受けたときには私選弁護人といい、国から専任されて弁護人となる場合を国選弁護人といいます。