費用に関するご案内

予算・費用

ホームページ制作・運用保守は「いくらかかるのか?」これは、依頼するお客様側からすると最大の関心事になります。

同じ商品であれば、価格比較サイトで一番安いものを選べばよいですが、ホームページ制作や運用の場合は、少し話がかわってきます。
なぜなら、制作するホームページによって、「成果」が大きく異なるからです。

見積もり合わせを行い、安い方を選んで制作しても、「問い合わせ」の電話やメールが一本もならなければ、結局は「高い」出費になります。

重要なことは、将来サイトが生み出す成果と投資を同時に考える必要があります。

相見積もりを出して、A社が「200万円」、B社が「50万円」を提示したとします。どちらを選ぶでしょうか?

A社のサイトが、年間1,000万円の売り上げを出すのであれば、制作費の初期投資「200万円」は妥当であり、B社のサイトが、年間売り上げにほとんど貢献しないサイトであれば、制作初期費用の「50万円」は高いのです。額面だけ、「200万円」と「50万円」を比較するのではなく、成果をだせるサイトを制作できるのか?という視点で、初期費用をいくらかけるべきなのか?を考える必要があります。

WEB制作・運用予算に関する考え方

  • 【予算案1】出せる予算を振り向ける
  • 【予算案2】既存のお持ちのサイトの価格を参考にする
  • 【予算案3】成果予測から投資額を決定する

予算案1は、今の事務所の経営状況なら、「制作費ならいくら」「初期費用ならいくら」と無理のない予算を決定できます。

余裕のある予算の範囲でもっとも効率的な成果を上げるにはどうすればよいか?という考え方です。

WEB経由による売り上げが伸びるにつれ、サイトにかける予算額を徐々に増やして、事務所の売り上げも比例的に伸ばしていくというのは、独立したての弁護士先生や、WEBによる成果出しの経験がない法律事務所にとっては、無理のない予算の立て方だと言えます。

予算案2は、すでにお持ちのWEBサイトがあれば、その時にかかった費用と今だしている成果をベースに考えるという方法です。既存のサイトの施策が妥当なのか?効果をあげているのか?というのは第三者の目で評価、判断することもできますので、より精度の高い適切な予算を決めることができると言えます。作り直さずにも、運用をかえることで、成果を上げることも可能です。

予算案3は、売り上げ予測から、予算を決定するという方法です。これは、短時間で売り上げ額を向上させる大手事務所様に向いている手法だといえるでしょう。予算をしっかりかけることで、機会損失を減らし、短期間で投資効果を最大限高めることが可能です。当社のポータル運用から得られたデータから、売り上げシミュレーションをある程度たてることが可能ですので、いくら予算を振り分ければよいかわからない場合は、ご相談ください。

当社は、予算案1~予算案3、いずれの方法に応じて見積もりをお出しすることが可能です。遠慮なく、費用に関してはご相談ください。

「初期制作」と「運用保守」に関する弁護士相談Cafeの考え方

一般のホームページ制作会社は、かっこいいホームページ、デザイン性、斬新性、新規性などを重視した制作を行います。ユーザーを重視した制作です。この視点は非常に大事です。

ただし、ホームページは訪問者・依頼者だけではなく、Googleが作ったウェブを巡回するロボット(クローラー)も同時に訪問しますので、

「ロボットは何を見てページの品質を評価しランク付けを行うのか?」
「ロボットが理解しやすいWEB構造、プログラム、情報設計、コンテンツ設計となっているか?」

という視点も大事になります。

意外と、この点が意識されないまま既存のHP制作会社は、文章コンテンツの企画立案、構成、アイデア、ページ数などを練っています。

一方、SEO会社は、Googleロボットにどう解釈されるか?を気にして、ホームページを制作します。ただし、検索順位をとにかくあげたいという考えが強すぎると、最終的に閲覧しているのが「人間である」という視点が欠け落ち、順位は上位にいるけれど、問い合わせにつながらないことがあります。

ですからユーザー視点とロボット視点、2つの視点を加味してバランスをとったコンテンツ構築が何よりも重要だと弁護士相談Cafeは考えています。

よって契約プランは、単に初期の制作だけではなく、運用保守もセットで提案いたします。

成果を出すには、検索上位に表示され、たくさんのアクセスを稼ぐ必要があり、初期制作ではなく運用保守(コンテンツ運用)が順位上昇が成果出しには必須だからです。弁護士相談Cafeは、「初期費用」と「保守運用」をセット見積もりとご提案をいたします。

法律事務所ホームページで書くべき”質の高いコンテンツ”とは? の記事にかいてありますが、コンテンツが良質であれば、検索順位でも上位を取り、アクセス数が増え、問い合わせ数も増えてきます。

料金等のお問い合わせはこちらへ

ご興味・質問があれば無料相談をご活用ください

ホームページ制作、WEB集客に関する情報が多数溢れ、何が正しいか判断が難しいところ。まずは、疑問に思っていること、悩み、現状のライバル分析、なんでも構いません。弁護士相談Cafeにご相談ください。当社のWEBコンサルタントが、実績や経験に基づいた見解を述べさせていただきます。

まずは、ホームページ制作するかまだ決定していなくても大丈夫です。とにかく、WEB集客って何、ホームページ制作とはどういうものなの?という情報収集でもかまいません。お気軽にご相談してくださり、今後の方針の決定のためにも、無料相談にお申し込みください。お待ちしています。

ホームページに関する無料相談はこちらへ


問い合わせページ